介護職を辞めたいならどうすればいい!?

「介護職辞めたい」という思いは実は誰にでもあったりします。そしてそう思いながらも続けておられる方も多かったりします。ただ、この「辞めたい」という事を毎日思う程の場合はもちろんですが、転職した方がどう考えても自分自身の将来に繋がる場合。そして、転職した方がいい環境へと行ける可能性が高い場合は、ここはシビアに考え早々と転職の準備を始めるのがベストです。

やめにくい場合

どうも介護職をしている人で辞めたいと思っていても、人間関係や職場の忙しさから、なかなか「辞める」と言い出せなくなっている人が多いように思います。

そして、毎日のように悩んでいる為、どんどんと行動を起こせなくなっている人もいます。こうなってしまうと本当に悲惨というか、かわいそうな状況と言えます。

辞めますの一言が出ればあとは簡単

なかなか辞める事を言い出せない状況が介護職には多いかと思いますが、思い切って伝えると、とても簡単に進む事が多いです。どういう事かというと、辞める場合、辞めると言い出すのが一番大変だからです。一度言ってしまえば、気持ちも楽になりスムーズに辞める事ができます。

できれば3ヶ月前に伝えよう

あくまでも出来ればですが、辞める日から3ヶ月前には伝えたいところです。忙しい傾向にある介護職だからという意味もあります。ただ、法律上は2週間前に退職の意思を伝えれば良いとあるので、円満退職にはならないですが直ぐにやめる場合は2週間前に伝えて辞める方法もあります。

一部例外も

こんな例外は本来はありえないのですが、介護職ともなればどこも人手不足ですので、辞める事に対してほとんどの人が否定的です。ですが辞めると伝えれば通常はすんなり行くのですが、中には強制的に引き止めるようなブラックな職場があるようです。

例えば、「直属の上司に伝えたが取り合ってもらえない」「辞めれないから」と言われ続けるなど・・。本来はこんな事あってはいけないので、こういう状況になってしまった場合は、心を鬼にしましょう。

もちろん鬼と言っても当たり前の事をするだけで、直接事務所に行って退職予定日と退職理由を伝え必要な書類をもらうという方法です。あとは、後日書類を提出し、退職する事とあわせ感謝の言葉を一緒に働いてきた仲間に伝えれば良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です