悩みはハサミで切り離す!?上手く悩みと付き合う方法

私は、もともとマイナス思考が強く、批判や足りない部分ばかり見る家族と育ったせいか、物心付いた時には、同じ様にマイナス思考で、批評家、足りない部分ばかり見るようになっていました。

その為、周りからも「暗いやつ、口が悪い奴」と思われてだと思います。

それから10年以上経った頃、啓発本にはまり、はじめて「足りてない部分を見るより、足りている部分を見る方が精神的に楽になる」と学びました。

もちろん、経済的に安心して暮らせるよう、働く上では「どこが足りてないのか?」を考える事も重要ですが、「足りている部分を伸ばす方が良い場面もたくさんある」と学びました。

何が言いたいかというと

結局、物事にはプラスとマイナスの側面が混在してるので、片方だけを見てあれこれ悩むのは損って事です。

「どうすればもっと良くなるかなぁ」といった生産的な悩みなら良いですが、例えば、「なんで私はこんな事も出来ないんだ、やっぱり私はダメな奴だ」など、悩んでも仕方のない悩み方ならしない方が良いですよね?ますます苦しくなるだけです。

そういった、損にしかならないような悩み方をし始めたら、きちんと意識して、悩むのをストップするべきです。

悩みはハサミで切り捨てよう

私は、ハサミでちょん切るイメージをし、悩みを切り離すようにしてます。

そうやって訓練していくうちに、そういった、苦しむだけの悩み方は、ほぼしなくなりました

そして過去は二度と戻らないと強く認識し、過去になったものは追いかけて来ないよう、どんどん過ぎた事は切り離して行けるようになりました。

相当な度合いで私の感情を揺さぶる様な悩みがあると、たまに手こずる事はありますが、逆にそんな事が新鮮なくらいで、悩みをクリアし、立ち向かうのが楽しくなった程です。

ある程度、悩みを乗り越えて来れると、ある時から、もっと乗り越え強くなりたい!という意識に変わりました。そうなったらもう、後は本当に楽です。頭を悩ますレベルの悩みが殆どでて来なくなったので。

ですので、これを読んでいるあなたも、自分なりの、「悩みの切り離し方、切り捨て方」を見つけてみてくださいね。